抗てんかん薬のラミクタールですが、抗てんかん薬はハイリスク薬といわれることは皆さんご存知でしょうか?なぜハイリスクなのか、その理由について探ってみましたので、正しいラミクタールの飲み方も合わせてご紹介いたします。

ラミクタールの画像
薬の飲み方を説明する医師と薬を服用している女性

ラミクタールと健康診断と労災認定について

てんかんは、特殊な病気ではありません。
誰でも、突然てんかんの発作を起こす可能性があるのです。
てんかんは、治療薬で発作をコントロールすることで、社会の一員として普通に生活することが可能です。
就職に不利だからと、てんかんを隠して就職する人がいますが、てんかんを隠して就職しても、健康診断などでわかってしまうことがあります。
また、事故が起きた時に、労災認定の問題なども出てきます。
昔に比べると、てんかんに対する理解が深まり、てんかん患者を受け入れる企業も増えています。
ですから、就職の面接では、てんかん患者であることを正直に話した方がいいのです。
てんかんの治療薬は、様々なメーカーから販売されています。
ラミクタールは、厚生労働省の承認を受けている治療薬です。
ラミクタールを製造して販売している会社は、世界でもトップクラスの製薬会社です。
ラミクタールは、てんかんや双極性障害、躁うつ病などの治療に使われています。
双極性障害は、再発性が高く、治療の期間が長くなることが多いです。
ラミクタールは、脳の神経の興奮を抑えて、発作を予防します。
他の抗てんかん薬と併用すると、発作を抑える効果が一層高まります。
ラミクタールの有効成分は、ラモトリギンです。
ラミクタールは、様々なタイプのてんかんの症状に有効です。
ただ、他の薬と相互作用を起こすことがあるので、注意が必要です。
てんかんの他に持病を持っている場合は、服用している薬について、医師に報告する必要があります。
服用中に、口内炎などの皮膚や粘膜の病変が出た場合は、すぐに医師に連絡を取り、診察を受けることが大事です。
ラミクタールは、医師に指示された用法と用量を守って服用します。